浜松市の子ども(幼児・小学生・中学生)英会話スクール

子ども専門英会話スクールダイヤモンドクラブ
子ども専門英会話スクールダイヤモンドクラブ
お問い合わせ電話番号
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 体験レッスン申込み

子どもに宿題をやってきてもらうための方法。

昨日もしっかりと宿題を必要以上にやってきてくれた2人。でも宿題というと皆さんあまりいい印象を受けないと思います。「やりたくない」「めんどくさい」「だるい」などやりたくない理由はたくさんあるのが現状です。

でもこの二人はいつも自分自身から「こんなに宿題やっちゃったもんね」とか「みてみて!!」などと自慢してきます。私はなんでこんなに宿題を自発的にやってくるのかなと考えてみました。結局正確な答えというのは分からなかったのですが、恐らく3つの理由があるかなっと思います。①子ども達自身が先生の事好き②英語が楽しい③ライバルがいる

子ども達を観察しているとなんといっても英語が好きなんです。親御さんからも「英語が好きみたいで〜」と言われます。子ども達はいつもニコニコしながら教室に入ってきます^^そして全力で遊びます。また、kayo先生の事も好きみたいです。膝の上にのったり抱きついたりします。この動作って先生に心を許している子どもの特徴ではないかなって思います。そしてお互い刺激し合えるライバル。この3つの事が重なると奇跡が起き英語が勉強ではなくなり英語を心から楽しめるようになります。だから宿題が苦ではなくなるような気がするんです。

私の生徒に中1の生徒がいますが、いつも彼は「学校の英語の先生よくわからんだよーとか、学校の先生嫌いなんだよね〜」などと言っています。学校の先生だって教師なのですから英語力だってあると思いますし、大学に行ってたくさん勉強してきたと思います。でも小さい子達を見ていると英語が好き嫌い、出来る出来ないを決めるのは先生の人間力、「いわゆるコミュニケーション力、人間関係構築能力」の部分が大きいと思います。面白い先生の授業は生徒は好きになるし、有名進学塾のカリスマ講師はみんなインパクトあって面白いですよね??

子ども達にいかに信頼されるか、子ども達とどれだけの深い関係作りが出来るか。英語力が全てではないのです。

子どもに英会話の宿題をやらせるためにはまず子どもとの深い信頼関係を築くことが最優先ですね。先生の英語力ではなく人間力なんです。

写真-2

子ども英会話ダイヤモンドクラブ

静岡県浜松市中区中沢町69−11
Tel 053-540-0784
Mail  info@dc-club.jeez.jp
HP http://dc-club.jeez.jp/

まずは無料体験レッスンから
資料請求・お問い合わせ体験レッスンの申込み
053-540-0784